お問合せ 0538-86-6020

のびやか保育園の保育目標

  • 健やかな体と思いやる心を持つ子ども
  • のびのびと自己表現できる子ども
  • 目標に向かって、自ら考え行動できる子ども

このような”保育目標”をのびやか保育園は掲げています。

のびやか保育園の保育理念

  • 生涯にわたる人間形成において極めて大切な時期である0〜2才のお子様を、「家庭」の延長として大切にお預かりし、のびやかな環境と雰囲気の中で、生き生きと園生活を楽しめる保育を提供します。
  • 保育者としての資質並びに専門性の向上に常に努めるとともに、豊かな愛情をもって子供に寄り添い、共感し、また、一人ひとりの興味と発達に応じた働きかけを行うことで、子どもの人への信頼関係と健全な自己の形成を促します。
  • 「共に子どもの成長の喜びを共感する」関係である保護者との相互理解、信頼関係が保育の礎と考え、日々、保護者との十分なコミュニケーションに努めるとともに、子どもの福祉を第一優先に考え、様々な機会を活用して保護者への支援を行います。
  • 地域の実情に即した子育て拠点として、地域の様々な社会資源との連携を深め、協働して保護者への子育て支援を行います。

のびやか保育園の方針

保育方針1

保育者との十分な連携のもと、家庭と保育園の24時間の生活リズムを重視して子どもの日々の体調に合った保育を行い、子どもの健康と安全を守ります。

保育方針2

初めて保護者から離れる子どもが馴染みやすく、また、保育者との信頼関係が早く築けるように、ゆったりとした家庭的な空間、環境の中で保育を行います。

保育方針3

褒める保育を行います。子どもは、褒められることで自己肯定感を形成できます。全保育者でいっぱい褒めて、自信に満ちたお子様の笑顔を目標とします。

保育方針4

お子様の興味関心にとことん付き合い、「待つ」保育をします。お子様が満足いくまで寄り添い、共感し、ともに探求する時間を大切にします。

保育方針5

腕の中で1対1の絵本の読み聞かせの時間を大事にします。この時期は耳元で、肉声の読み聞かせが大事です。その子が読みたい本を何度でも読み、知的好奇心とスキンシップの双方を十分に満たします。

保育方針6

園庭、近隣公園での日々の屋外活動を通して、健康な体作りに取組み、また、自然の中での発見や不思議さを体験して、豊かな感性を育てる保育をします。

保育方針7

食育を保育の重要なテーマと捉え、子どもが楽しい雰囲気の中で、給食をおいしく食べる時間を大切にします。

保育方針8

子どもの健全な発達をサポートするため、五感を使った保育者との1対1のふれあい「遊び」を取り入れ、保育者と十分な情緒的かかわりを持てるようにします。

久保田式育児法

くぼたのうけん認定園

のびやか保育園では、日本に伝承されてきた「遊び」を活用する育児法(久保田式育児法)をインストラクター資格者(保育士)指導の下、日々の保育に取り入れています。

[久保田式育児法とは]

久保田式育児法とは、脳の発達時期に応じて、何を与え、何をさせればよいかを、脳科学研究の専門知識と実際の子育て経験をもとにして開発した「賢い脳を育てる」育児法です。

脳を鍛えるって?

「脳を鍛える」というのは、具体的には脳の「前頭前野」を鍛えることです。前頭前野は、与えられた膨大な情報をまとめて、どう処理すれば良いかを瞬時に決める重要な部分。そのため、「同時に2つのことを行う」「順序立てて物事を進める」「決断する」などの複雑な鼓動をするときは、この部分が活発に働いている必要があります。くぼたのうけんのカリキュラムは、この前頭前野を様々な方法で刺激し、どんどん動かすことを目的としています。前頭前野が鍛えられることによって「考える力」に秀でた子どもが育つのです。

イメージ図

0~3歳が育脳のチャンス!

脳は生まれた直後から3〜4歳くらいまでの間に大きく成長し、5歳までには成人の85%まで発達し終えています。脳が活発に成長するこの時期に、良質な刺激を豊富に与えたかどうかが、赤ちゃんの将来を決定づけると言えます。

イメージ図

先頭へ戻る